<ペパバッグ作りのポイント>

          ■はじめに■
           ペパバッグが一般の紙袋と異なるのは、3〜4枚の新聞を重ねて作るため、その端部処理を必要
          とする点です。ここでは、最表面にあたる1枚の新聞をずらして封筒の封をするように処理します。
          冊子「歩く森」では、作業を容易にして早期に作り方を習得できますように3枚重ねとしました。
          5枚以上重ねて丈夫なバッグを作ることも可能ですが、しっかりと折り目をつける必要があります。
           作業を進めていく上で最も大切なことは、各作業においてしっかりと折り目をつけることです。
          ノリの底や蓋、ビンの底等を利用すると便利です。ペパバッグの底の部分は、重なってばらけた部分
          を軽くノリ付けしてから作業するときれいに仕上がります。
           最後に取手を作る作業ですが、冊子「歩く森」では最も丈夫な取手の作り方を掲載していますが、
          もっと簡単に見栄えのよい取手の作り方をここでご紹介します。特に取手は、作り手の個性が最も現
          れる部分です。みなさまのいろいろなアイデアを活かして頂きたいと思います。

         *ポイント*
          1.丸巻取手の作り方    → 写真と解説
          2.縁結び取手の作り方  → 写真と解説
          3.ランチバッグ(縦長型) → 写真と解説
          4.ランチバッグ(横広型) → 写真・イラストと解説

         *ツール*
          1.のり 市販の液体のりがお薦め → コクヨのPritt(写真)







Copyright (C) 2001 Shimbun-Kankyo System Laboratory All rights reserved