<ペパロールの作り方>

          ■はじめに■
           ペパロールは、小学校低学年の子どもたちが楽しく新聞工作を学べるように工夫してできた教材です。
          やわらかい新聞とノリだけを使い工程も単純なため、4〜6才児でも安心して取り組むことができます。
          見た目の構造は簡単ですが、手触りがよく、変形させることでいろいろなモノに変身させることができる
          ため、子どもたちにとってはちょっとしたコミュニケーション玩具、思い入れによっては宝物にもなります。
          用途の一例は以下の通りですが、みなさんのイメージでいろいろな楽しみ方を見つけてください。
          ・コースター ・鍋置き ・花瓶置き ・鉢置き ・小物入れ ・お皿 ・卵置き ・ボール台 ・大型コイン
          ・ベーゴマ ・ボール代わり(転がしたり投げたり) ・壁掛オブジェ ・バッジ ・帽子 ・座布団 ・タイヤ
          ・滑り止め ・渦巻きスタンプ ・文鎮 ・その他
           これまで、小学校や公民館での講習会において、予想以上に子どもたちに人気があり、自発的に工作
          に取り組む姿勢が多々見受けられました。つきましては、みなさんにもお試し頂きたいと思い、作り方を
          ここでご紹介することにしました。この工作によって、ペパバッグの取手も容易に作れるようになります。







Copyright (C) 2001 Shimbun-Kankyo System Laboratory All rights reserved.